FC2ブログ

記事一覧

修理向けネタその後

綺麗になるかもと言う期待が強すぎ、来週を待てずに早速ヘアアイロン使ってみました。

昨日直した所で少し手直ししたかった部分があったので、一部皮膚が薄い所を再度くっ付けてみました。



ホットカッターで平らにするとこんなもんです。



ヘアアイロンの裏のこの部分でナデナデします。

温度は190℃でやりました。中途半端な温度だとTPEの溶けが悪くなると思い最初からMAX温度にしました。

作業後にベビーパウダーつけて終わり。



前よりはましかな。

一人になる時間が3時間しかなかったので、とりあえずこれで終わりにしました。

TPE溶かすと部屋が臭くなるので、換気1時間位は考えないとだめなので…

ヘアアイロン使った感想は、思った通りの仕上げのし易さでした。
正直アイロンがデカかったかも(^_^;)

ミニヘアアイロンで同タイプが有ればもっと楽と言うか、微調整が効くかもね。

ここで、注意点だけ書いておきます。

熱溶着した切開部分を長い時間アイロンかけると、溶着箇所がまた開いてきます。

(アイロン掛けてる最中に二箇所開いた(^_^;) 穴塞いで平らにしてを繰り返すハメに。一回平らにした所で止めれば良かったが、綺麗にしたいと欲が出てしまいました)


TPEが溶ける(表面が溶ける)まで少し待つ勇気が必要です。

一気に長い距離を平らにしようとしないこと。
ある程度平らにする→少し冷やす→その後次の部分へ
を繰り返した方が良いみたい。

断面をある程度押さえこむ様にしてアイロンをかけると良いと思います。押さえてあげないと…カパッと開いちゃうよ!

途中、アイロンに付いたTPEはまめに拭き取りましょう!

皮膚の広範囲が熱をもちます。


こんなところでしょうか。


熱溶着修理については自己責任でお願いしますね。

私も多分これ以上はやらないと思います…


スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメント

No title

随分傷痕が目立たなくなったように見えますが、
アイロン作戦成功良かったですね。
でも、やはり慣れは必要のようですね。

To TPE脳な彼女さん

> 随分傷痕が目立たなくなったように見えますが、
> アイロン作戦成功良かったですね。
> でも、やはり慣れは必要のようですね。

前よりは全然良いですね(^ ^)

小さくて軽いアイロン有ればもっと綺麗に出来そうです。

目立たなくなれば上出来です。

うっすら黒く見える所は、中に部品入れた関係で塞げなくなり、皮膚を足して閉じた所です。
やっぱオナホのTPEは硬さが違うので、手を動かす時は気を遣いますね。

No title

ダンディさん、オハコンバンチハ(^o^)ノ

再補修と仕上げ作業お疲れ様です。
表面を広範囲で修正するには持って来いのアイテムですね。
実に綺麗な仕上がりです^^

このまま、内部から破損しないことを願うばかりですね。
同じ場所を繰り返し熱を掛けていくと変色するので要注意なのです。

No title

これだっ!
自分のイメージ的には、バターナイフの様なもので均一に塗りたいって考えていたのでこのアイデアで目が覚めました。
ホットナイフだと溶ける面積が小さいので形成が難しいんですよねー。
その案イタダキますです。

No title

へえー
TPEはけっこう綺麗になるものなんですね

To グリグリさん

グリさん オハコンバンチハ(^o^)

おかげさまで最近はTwitterも面白いもんだなぁーと思っております。
でも、グリさんブログの更新も楽しみにしてますよー!

> 再補修と仕上げ作業お疲れ様です。
> 表面を広範囲で修正するには持って来いのアイテムですね。
> 実に綺麗な仕上がりです^^

まずまずの出来って感じですね。小さいアイロン仕入れたら微調整したいと思っております(^ ^)

> このまま、内部から破損しないことを願うばかりですね。
> 同じ場所を繰り返し熱を掛けていくと変色するので要注意なのです。

でもね、ヘアアイロンはTPEが焦げないんですよ!半田ゴテみたいな変色はしなかったですよ(^ ^)
ヘアアイロンは超つかえますわ!

To ぽんさん

ぽんさん こんにちは(^ ^)

> これだっ!
> 自分のイメージ的には、バターナイフの様なもので均一に塗りたいって考えていたのでこのアイデアで目が覚めました。
> ホットナイフだと溶ける面積が小さいので形成が難しいんですよねー。
> その案イタダキますです。


最近は電気屋さんでずーっと普通のアイロンで小さいのを探してたんですが、リサイクルショップで運命の出会いでしたよ。

ぽんさんも少し小さめのヘアアイロン探すと良いですよ(^ ^)

To どんべえさん

どんべえさん 毎度でーす(^ ^)

> へえー
> TPEはけっこう綺麗になるものなんですね

結構使いやすかったです。
お手軽に皮膚を治せる所がTPEの魅力ですね(^ ^)
ここまでくるのに苦労しましたが…

No title

おー 結構綺麗になりましたね~。
参考になります~
やっぱり応力がかかっているところは開いちゃうんですね。

ほぉ~

アイロンだと変色するほど温度が上がらないってことですね。これはめっちゃ参考になりました。
半田ごても温度設定ができるとベストですね。
そのうち「TPE補修専用鏝」なんってのが販売されたらいいなと思うアランでしたw

To Bustyさん

Bustyさん こんばんは(^ ^)

> おー 結構綺麗になりましたね~。
> 参考になります~
> やっぱり応力がかかっているところは開いちゃうんですね。


熱加え続けると一気に広範囲が溶解しちゃう可能性もあるのは恐い。

全体的に柔らかくなっちゃうから、ヤワな部分は開くね〜。

部分的に平らにしたければチョンチョンとタッチしても良いかも。

何事も試さない事には判らないからね〜。

To アランさん

> アイロンだと変色するほど温度が上がらないってことですね。これはめっちゃ参考になりました。
> 半田ごても温度設定ができるとベストですね。
> そのうち「TPE補修専用鏝」なんってのが販売されたらいいなと思うアランでしたw

私の使ってるホットカッターはたしか250℃だったと思うけど、アイロンは190℃だしね。
アイロンの表面加工のおかげで焦げないのかも知れないけどね。

ホットカッター使ってる時ほど煙出ないし。

TPEドール専用の修理道具…あったら良いよね〜。

このアイデアいいですね

白髪ダンディさん、
情報ありがとうございます。私もこんなツールを探していたので、とても参考になります。表面に丸みがあって温度が150度から190度まで調節可能とは、TPE修理にぴったりですね。すぐに白髪ダンディさんの様に綺麗にできるとは思っていませんが、私も買って試してみます。

To レミアーナさん

レミアーナさん こんばんは(^ ^)

> 私もこんなツールを探していたので、とても参考になります。表面に丸みがあって温度が150度から190度まで調節可能とは、TPE修理にぴったりですね。

ヘアアイロンちゃんも私に買われた時、まさかTPEの修理で使われるとは思ってなかったでしょうけどね〜。
TPE修理にはもってこい!

お店の人も、髪短いのに何に使うの?って思ってたりしてね(^_^;)

No title

ヘアアイロンもいいですねぇ。
その手があったとは、いい思いつきです。
ちょうどまだ使えるけど捨てようかなって思ってた古いヘアアイロンあるので次はその方法試してみたいです。
捨ててなくてよかった~\(´O`)/
ダンディさんありがとう(^-^)

ちなみに私は1800Wのヒートガン使ってますよ~
Youtubeに修復する動画上げてあったのでやってみたのですが滑らかに綺麗に仕上がりますよ。
https://www.youtube.com/watch?v=vYk6NojMAqI
ヒートガンで表面を均等に溶かしながら、きめの細かいガーゼで軽くポンポンと押さえながら均すだけなんでボコボコになったりしないのでいいですよ。
それでも初めては簡単にいかなかったですけど…
ただヒートガンは風量があるのでちょっと使いにくいかな。
風量調整出来ればいいのですが。

To Deco8さん

Decoさん こんばんは(^ ^)

> ちなみに私は1800Wのヒートガン使ってますよ~
> Youtubeに修復する動画上げてあったのでやってみたのですが滑らかに綺麗に仕上がりますよ。

ヒートガン修理見てみました(^ ^) スゴイ治し方っすね。

シワの修理にむくのかな?

あれだけ炙ると切開箇所が割れそうな感じが…

はじの辺りをぼかすのには良いかもな〜

これはコレで良いっすね(^ ^)

No title

みなさま、オハコンバンチハ(^o^)ノ

製造メーカーでパーティングラインの処理にヒートガンを使っているので、表面を綺麗に処理するにはヒートガンが結局一番良いのでしょうね。

脇裂けがひどくて修理のた為に一度はヒートガンを購入しようとしましたが、ボディ交換することになり見送られましたが、やっぱり購入して練習してみる!

裂けた場所は、ハンダコテorホットカッターで、表面の凹凸や皺を綺麗に処理するときはヘアーアイロンorヒートガンで落ち着きそうですね。
徐々にTPEに関する修理補修の情報が集まってきました。
※極端な凹凸はヘアアイロンで均して仕上げがヒートガンがベストでないでしょうか?


アランさんへ、
ホットカッターの温度調整用のコントローラーは別売りされていますよ。購入した箱の裏側に載っています。
自分は捨てちゃって覚えていないのですが、最低温度は150℃か190℃だったと思います。

To グリグリさん

グリさん こんばんは。

まぁ、TPE修理においては 【ホットカッターorホットナイフ、ヘアアイロン、ヒートガン 】が有れば良い感じで治せるねっ!って事ですな(^ ^)




【ホットカッターorホットナイフ】

主に裂け、切開箇所の溶着に有効。

【ヘアアイロン】

皮膚盛り後の段均しや仕上げ用として有効。

【ヒートガン】

シワの除去、表面の仕上げに有効。


使い方を別けるとこんな感じでしょうね。

仕上げの工具選択については、患部の肉厚も考慮する必要が有るかも知れません。
部位的には必ずベストな方法が異なるかも知れませんので…

あくまでベターな方法からお試し下さい!

皆様くれぐれも愛娘の修理の際は気を付けて作業をして下さいね(^ ^)


年数が経つと今度は骨折の修理ネタが欲しい所では有りますね…






To グリグリさん

>ホットカッターの温度調整用のコントローラーは別売りされていますよ。購入した箱の裏側に載っています。
>自分は捨てちゃって覚えていないのですが、最低温度は150℃か190℃だったと思います。
ホントですか!これはいい情報を教えていただきました。ありがとうございます!

No title

温度調整ヘアアイロンとは素晴らしいですね!
私はグルーガンのPTCヒーターにたどりつきました。
分解して取り出したヒーターに柄をつけて使っていたのですが
160℃固定制御のヒーターはtpeにも適していまして、変色や蒸発の心配がほとんどありません。
グルースティックのようにtpeを充填して接着というのも面白そうですがまだ試せていません。(接着面の予備加熱なしでは難しいかな)

いずれにしても安全性やパワーの面で温度調整タイプのヘアーアイロンには敵いませんね。

おすすめはクッキングシートです。tpe側に充てて作業することでの器具への貼り付きが無くなります。コテを滑らせて柔らかい加熱もできるので温度調整のない器具には特におすすめです。(仕上げた部分がテカってしまうのがマイナス)
深い部分まで加熱したい場合は160℃以下でじっくり加熱がベストだと思います。

市販されている温度調整コントローラですが、入力電源を細かく遮断してコテの出力を表面的に変化させています。コテの温度をフィードバックしているわけではありませんので、出力を下げて温度が下がったとしても温度が回復するのも遅くなってしまい作業性はあまり良くない可能性があります。(私は秋月の調光キットで試しています)

アリエクの温度風量調整のできる3000円ほどの小型のヒートガンが良さそうな気がしています。細いノズルがまた便利そう~。

To また さん

またさん ブログへの訪問&コメントありがとうございます(^ ^)

色々皆さん修理は工夫されている様ですね!

一人では思いつかない様な方法があって大変ためになります(^ ^)

クッキングシートは良いですね!あの焦げ付かない薄い油紙みたいなヤツですよね?
確かに薄くて熱通すし、滑り良さそうだし、仕上げのアイテムには持って来いですねー(^ ^)

温度調節コントローラーにもデメリットはあるわけですね〜なるほど。

私もヒートガンは一つ手元に置いておきたいと思っています(^ ^)
工具は種類有れば修理に幅が出来ますし。


またさん、今回とても良い情報を提供頂きまして感謝致しますm(_ _)m

また良い方法あったら教えて下さいね!



コメントの投稿

非公開コメント