FC2ブログ

記事一覧

やっちまったなぁー!

こんばんは(^ ^)

予定通り今日は「股関節(前後の動き)グリップ回復チャレンジ」を行なってみたのですが…

結果から言ってしまえば大失敗(⌒-⌒; )

でもまぁ、こういう失敗談もある意味大事かなと思って記事に残しておこうと思いました(笑)


201907100015424e1.jpeg


因みにWMDOLLの新骨格の写真です。

赤い○のついている部分が直したい所だった訳なんです。

肩は一回切開して状態を見てはいましたけど、増し締めする部分については肩をバラす必要があったので後回しにする事に。

腰の前後曲げは緩くはなっていたものの、都合が良い事もあったので後回しに。

現時点で一番困っていたのは「立ちポーズに制限がある」って事だったので、股関節から着手する事にしました。



股関節は過去に横方向の動きを直した事がありますので、関節の位置は判ってるわけですが…

今回締めたいナットの位置が肉厚がある部分という事で、触診してもイマイチ正確な場所がわからず。

とりあえず大体この辺?みたいな所を切開して、ナットを探す事にしました。


20190710004041c42.jpeg


そしたら何と、僕が切開した部分から3㎝位横にあってですね(-。-;

この写真は余りに見当違いな所を切ったので、塞いだ後に撮った写真です。

流石にこの部分の肉厚だと、数㎝ズレると作業し辛いのと、内部で横方向に切り進むと溶着が大変になるので、一旦切った部分溶かしてくっ付け直しました。


ホールポケットの直ぐ横辺りの様だったので、ホールポケットの中から触診したら…

内壁部分からほんの数センチしか離れていない様子。

変な所を切るとホールポケット貫通しそう…


えぇ〜い!ままよぉー!

20190710005734f8c.jpeg


ということで、ココを切りました。

見当違いな所を塞いだ修理痕は何となく分かると思うけど。


切開し直した部分…ココは切りたくなかったのよ。

V時に傾斜してるので表面処理が大変そうで(^^;;

でもまぁ、普段パンツで隠れるから良いか…みたいな感じでね。しょうがない。


201907100105167eb.jpeg


切った部分は丁度ナットの真上でした。

そして…案の定…溶接ベッタリ。

もうね、今の骨格はボルトとナットは全て溶接されてますね。

最初に見当違いな所を切った部分に脚を横に動かすナットもあったのですが、これも溶接されていました。
後の事を考えて、ついでに削り落としておきましたけどね。

20190710011224993.jpeg


ルーターで削る為に以前膝の修理で使ってパイプをセット。

あとは一生懸命にゴリゴリ削りました。

そして…なんと…二ヶ所溶接されていました(-。-;

201907100115470f6.jpeg


とりあえず薄っぺらい状態にしちゃえばナット回して薄い溶接をネジ切る事が出来る。

一旦緩める方向へ回して溶接ネジ切った。

そして増し締め。

グリップ力の確認をしたら…

な、なんと!グリップ出るどころか無抵抗な位に超ユルユルになってしまった(−_−;)


ナット締めると脚を下げる動きが固くと言うか、途中から脚が下がらなくなる。
腿を後ろに引けなくなると言う感じ。

色々やってみたら、可動範囲が変わってしまう様でした。

ただ、脚を上げるとナットが緩む…

ボルトが回ってる感じ…

脚を上げるとナットが緩む(⌒-⌒; )


このナットが二ヶ所も溶接されていたのは理由があった様ですね(-。-;


やっちゃいましたね〜。こりゃいじってはいけないものだったかな(-。-;


でもね、ナット締めると脚を下げる動きは固くなると言うか、途中から動かなくなると言うか…

コレはまだやり様によっては…


ダメかな(⌒-⌒; )


とりあえずグリップが残っている反対の脚の可動限界まで脚を下げてナット締めてみました。

でも脚上げるとまた超ユルユル無抵抗に成るんですけどね。

現在は切開箇所塞がずに開けっ放し状態。


201907100143543ca.jpeg


こんな構造になってます。

今回はダメそうだなぁ。

しばらく新骨格ボディーは封印ですね。

ボディー入れ替える時に里帰りするのはこのボディーになりそうだね〜。

まぁ、これから夏休みになるとドール出せないし。

9月になったらボディー入れ替えかな…



たぶん股関節のグリップ回復したい人はいると思うんですが、ここまでの結果から言うと…

いじらない方が良いと思う。



まぁ、まだ塞いでないので、あと何回か色々試してみますけど…

ダメなら諦めます。

たぶん肩も構造似てるからね…肩も増し締めしてもダメそうな気がするな(-。-;




スポンサーサイト
[PR]

コメント

初めまして

いつも楽しく拝見させてもらっています
自分のWMDOLLは購入して約四ヶ月なのですが
同じように肩と股関節が緩くなってきました
指も全て折れて手術しましたけどまた折れて
着替えなどの扱いに気をつけているつもりでも
結構傷んできますね
そちらのドールは購入してどれぐらいから症状が出たのですか
よろしければ教えてください

To takumin

takuminさん 初めまして*\(^o^)/*

コメントありがとうございます!

takuminさんもあちこち緩んで来てるのですね。

我が家の新骨格ボディーの方は、お迎え後5ヶ月で肩が緩み始め、昨年10月入った頃に完全にグリップ効かなくなり、腕を前習えする事が出来なくなりました。

丁度その頃にTwitterで仲良くしてるフォロワーさんも同じ症状に悩んでいたので、僕が試しに修理にチャレンジしたのですが…直りませんでした(^_^;)

股関節の前後の動きがかなり緩くなったのは、今年の春頃からだと思います。丁度1年経った頃ですね。
寝せた状態で脚を45°位に持ち上げて、手を離すとス〜ッと脚が下がる様になり、途中で固定する事が出来なくなりました。
肩の様な完全なグリップレスでは無かったんですけどね。

因みに膝は半年に一度締め直してる感じです(^ ^)

どうしても立ち姿勢で遊んでいると、脚の各部は負担がかかりますので、しょうがない事と諦めてはいますけど(^_^;)

指に関しては、新骨格ボディーの方は未だ骨格しておりません。
指を動かす時に指の付け根を抑えて指を曲げているので、ワイヤーの根元に負担かかっていないのだろうと思います(^ ^)

とは言うものの、初めてお迎えしたWM163(旧骨格)の方は、手の向きを変える際に指ワイヤー折ってしまいました。しかもお迎え1週間後でした(笑)


関節の緩みは遊んでいればどうしても起こり得る事ですが、肩と今回の部分については締め直しが効かないと言うのがかなりショックでした(^_^;)

お疲れさまです

溶接されてるっちゅう事は、それなりの理由があるということなんですね。

V字に傾斜しているところは、自分の技量では上手く修復できそうにないので、ホントに触れたくないとこです。
万が一ここが裂け始めたらと思うとぞっとします。
自分は実践派なので股間節の緩みは見て見ぬふりしてます。

白髪さんのお陰で修復の情報がシェアーされて、助かっているTPEドーラーの方は少なくないと思いますよ。
これからもファーストペンギンとして情報をあげてもらえるとありがたいです。

Dr.ダンディでも無理でしたか・・・

すごい! いつもながら、見事なオペですね。ドールの骨格構造と修理の方法が良く分かって、とても参考になります。

でも股関節は治らなかったですか・・・。どうやらEvo骨格の股関節は単純なネジ止めでは無い様ですね。私のベルドール132も両股関節が外れて、修理しようとしてメーカーに問い合わせましたが、骨格の写真なとは開示してくれませんでした。その時に自分で調べたのですが、回転する部分がシリンダーの様な構造になっているのだと思っています。メーカーが修理方法を公開してくれるといいですね。

To アランさん

アランさん こんばんは(^ ^)

旧ボディーは溶接ある部分と無い部分がありましたけど、今や全関節に溶接があるとなると、ルーターも必須アイテムになっちゃいましたね(^_^;)

膝、肘を直す位なら皮膚も薄いので何とでもなるし、溶接自体もナットの緩み防止的な要素しか無いはずなんですけど…

今回の部分も膝とかと同じだろうと思ってましたけど、まさかこうなるとはね〜(^_^;)

初めて溶接の意味のある部位だったね〜。


ファーストペンギンって可愛い名前の割に意味はしっかりしてるんですね(笑)

僕の場合は切開しても溶着出来るって言う安心があるので、とりあえずやってみるか〜みたいな感じになれるんですよね。

成功すればその情報を参考にして、皆さんのアレンジも加えながらチャレンジし易い状況を作れればみたいに考えてはいます。

ただ、やっぱ失敗体験って言うのも必要だよね。

ここはいじるな!ってのも情報としては大事だもんね。

Twitterでも修理に関しての質問来ますし。

自分の為の修理ではありますけど、それが皆さんの為になるのであればね(^ ^)
失敗も意味はあるのかなぁ〜何て思う事も出来ます。






> 白髪さんのお陰で修復の情報がシェアーされて、助かっているTPEドーラーの方は少なくないと思いますよ。
> これからもファーストペンギンとして情報をあげてもらえるとありがたいです。

To レミアーナさん

レミアーナさん こんにちは(^ ^)

新骨格の方も修理したい所が増えてきたので、思い切って修理に取り掛かったまでは良かったんですけどね〜。

結構すんなりとグリップ回復すると思ってたんですけど、まさかの展開でした(^_^;)

試せる事はまだ残ってるので、時間ある時にまた作業してみたいと思います^_^

でも各社色々と新しいドール出して、それに伴って骨格も複雑になってくると、いざ修理って時は大変だと思います。

メーカーとしては壊れたら買え!って言うスタンスだと思いますけど、メンテナンスし易い構造だと有難いな〜とは思いますね(^ ^)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

赤い彗星ダンディ

Author:赤い彗星ダンディ
WMDOLL163cmにコスプレさせたりして楽しんでいます。

TPEドール沼の底は深く、可能性を秘めたDOLLだと思います(^ ^)
さて、理想の女性像をどこまで創れるか!

TPEドールお迎え検討されている皆様のお力になれれば幸いです!

来場者