FC2ブログ

記事一覧

TPEドール脇の下修理

皆さま おはようございます!

今日からお盆休みに突入ー♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

とりあえずお盆休みを利用してやりたかった事…

それは旧ボディーの修理です。

旧ボディーは各部に色々とありましてね…

重傷箇所から治してあげる事にしましたd(^_^o)

先ずは左脇の下!

201808120538018fe.jpeg


昨年修理した所なんですが、溶着が甘かった所が開いて来ちゃった。

前回は本当に大失敗と言っていい感じの修理だったんですよ。

脇を開いて半田ゴテを近づけただけで一気に裂けます。

20180812054520935.jpeg


これぐらいは裂けます。

初めてやると「わぁぁぁ〜!どうしよう!」って感じになります。

ちなみにコレは、腕をこの角度にして温度が上がりにくいフラワーアート用半田ゴテを使って溶かしながら裂けた状態にしました。

普通の半田ゴテだと熱量が強すぎて、高温の溶けたTPEが流れて更に裂けるという事がおこります。

発泡スチロールカッターでゆっくり裂けを作っても良いと思います。

腕の角度はだいたい30°位で作業した方が無難。

ちなみに皮膚が引っ張られる力が0になる所まで裂けは伸びて行きます。

腕を開き過ぎると、肩の辺りまで裂けますよ〜。



201808120602545f4.jpeg


20180812060333d42.jpeg


20180812060545116.jpeg


裂けた部分にTPEの肉片を埋め込みます。

20180812060803148.jpeg


これね、発泡スチロールカッターじゃないと作業やり難いですからね。

201808120610385ab.jpeg


埋め込んだ肉片の両サイドをくっつける。



20180812061840956.jpeg


そしたら上の方から裂け目の奥の方も溶かしちゃいましょう。

発泡スチロールカッターの棒を中に突っ込んで、グリグリっと軽く動かしながら中の方を溶かしては表面を均しの繰り返し。

201808120631515e8.jpeg


ある程度下まで来たら…

ドールを横向きにして最後の部分をくっつけます。

20180812063608432.jpeg

201808120636239c1.jpeg


20180812063824a0d.jpeg


あとは綺麗に均して終了!



20180812064117dcd.jpeg



部分的に白く見える部分はですね…

パウダーが残っていると、TPE溶かすとパウダーの色が混入してしまうのでした。

クレンジングオイルをつけて綺麗にする範囲が狭かったですね(-。-;

でもまあまあの出来ですかね(^ ^)


この後、ついでに右手も切開して、外れたギボシを繋いで、強力両面テープで固定しちゃいました。

とりあえず直したい部分の半分は今日の夜中に出来ました(^ ^)


追記:眠すぎて中の方を溶かしてる写真貼り付けるの忘れてました(^_^;)

201808120623471c2.jpeg


スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

さすが職人

丁寧な写真付きの補修は皆さん、大変参考になると思います。
お疲れ様であります。
自分も補修は随分慣れてきたと思っていますが、まだ白髪さんの域には達していません。まぁ、もともと器用さも違うからというのもありますけど(^-^;
TPEのドールはどんなに大事に扱っても補修は必ず必要かなぁって思います。
自分はまだ1年半ほどしか経ってないですけど、上手に溶着できたなぁと思っても数カ月するとブリードのせいか溶着の甘かったところが剥げて来る、また補修するの繰り返しです。
ドールのお陰でいろいろとスキルが身に付きますね(笑)

とても参考になります

詳しい写真と細かい注意点はとても参考になります。Dr.ダンディの技術はいつ見ても見事ですね! 最後の表面処理が、さらに上手くなっているのではないでしょうか(^_^)。 パウダー落としは注意しないといけない事も良く分かりました。ありがとうございます。

おはようございます

発泡スチロールカッター…そんないいものあるのですね。これなら作業もしやすそう。
とても参考になりました。感謝です。
もちろんポチりましたよ(笑)
あとはサンプルのTPEを手に入れなくてはですね。

No title

こんにちは。

昨晩は自分も肌の裂け目を溶着していました。

道具の準備からダンディさんの記事を何度も拝見して、無事に施術を終えました。


沢山の情報を公開して下さり心より感謝いたします。

No title

テラ職人技www

相変わらずやりますなあ。
つかすごい裂け具合だw

うちのもいい加減埋めなきゃなぁ・・・

To アランさん

アランさん こんにちは(^ ^)

昨年脇を修理した時は、どんどん広がる裂けにアタフタして写真撮るどころの話じゃなかったので、今回こそは写真付きにしたかったんですよね〜(^ ^)

補修はほんと慣れでしかないですよね。あとは作業し易い道具と。

去年は脇の下溶着でパニックになりましたけど、やっぱり失敗経験が今回はかなり活きました。
どんな事が起こるかが解っていれば対処は可能ですもん。

前回より綺麗に治せれば譜代点です(^ ^)

ほんとにいくら大事に扱っててもね〜。正直1年半も経てばかなりの傷みが出ますよね(^_^;)

> ドールのお陰でいろいろとスキルが身に付きますね(笑)

確かに(笑)
まだまだスキルアップ目指します(^_−)−☆

To レミアーナさん

レミアーナさん こんにちは(^ ^)

我が家の旧ボディーも良く保ってるとは思います。
でも結構直してますもんね^^;

旧ボディーにもまだまだ現役を張って欲しいのでね。

表面処理はだいぶ綺麗に出来たのですが、一番大事な所でのイージーミスがもったいなかったです(^_^;)

修理箇所の周りも少し溶かして段をボカすのですが、患部周りのクリーニングが…忘れてた(-。-;

右脇直す時には忘れずに広範囲クリーニングしなきゃです(^_^;)


To Deco8さん

Decoさん こんにちは(^ ^)

早速ポチッと行ったんですね(笑)
発泡スチロールカッターは絶対持ってたほうが良いですよ。

半田ゴテにはもどれなくなりますよ〜。

To maruさん

maruさん こんにちは(^ ^)

maruさんも溶着修理でしたか。お疲れ様でした(^ ^)

無事に終わった様で何よりです。

おススメ道具使うと楽なもんでしょ(笑)

To どんべえさん

どんべえさん こんにちは。

ありがとうございます。

去年は手こずった修理でも今は何とかなるもんだなぁと思いました。

> つかすごい裂け具合だw

凄いでしょ(^^;;
これ初めて体験するとトラウマになりますからね(笑)

> うちのもいい加減埋めなきゃなぁ・・・

埋めてあげましょう!

テクってますね(ಡ౪ಡ)

ダンディさん!こんばんは^^
凄いです!
仕上がりが段違いです!
これって実際物凄く難しいのでしょうね
TPEドールの工場で作業するお姉さん達はいとも簡単に作業をこなしてますがあれって実際凄い高等技術なんでしょう
わたくしもこんな修理が出来るようになっておかないとです・・・

こんばんはー!

あっ!ここにTPE Doctorが!

やっぱりここまで上手に出来るようになるには、
愛情と根気のなせる技なんでしょうね~φ(..)

「好きこそ物の上手なれ」のお手本みたいですね( ´∀` )b

To 零番さん

零番さん おはようございます(^ ^)

脇の下仕上りは前に比べたら良くはなりましたけど、やっぱこの部分は難しいですね。

綺麗にしようと表面処理をしていると、また新たに裂けが出来たりして、裂けては埋めて均しての繰り返し…どこかで妥協しないと終わらないですね(^_^;)

工場で修理している動画とか見るといとも簡単に作業してますけど、自分がいざやると結構大変ですよね。


To たかちゃん

たかちゃん おはようございます(^ ^)

正直言えば修理は極力やりたくないんですけどね(笑)

溶着の際の臭いがね〜…具合悪くなります(^_^;)

修理を繰り返しているうちに少しずつ前より上手に出来る様になってきたと言う感じですね。

根気はかなり必要な作業ですね〜(^ ^)

凄い技を見させてもらいました。

うちの娘はお迎え時から足が変形していました。

結局、治らないんですが、それも吹っ飛びました。

白髪ダンディさんがお迎えされたドールさんたちは幸せですね。

To 太郎さん

太郎さん こんばんは(^ ^)

そうだったんですね。お迎え時から変形があったとは。

TPEドールって柔らかいのがメリットですけど、それがデメリットにもなりますからね。

我が家の場合、ポーズ創って2〜3時間同じ体勢ってのがよくあるのですが、新ボディーの方は腕に捻れ跡がついちゃった。

流石にこういうのは治せませんけどね。

> 白髪ダンディさんがお迎えされたドールさんたちは幸せですね。

幸せなら良いですけどね〜。
旧ボディーにも現役を続けてもらう為には直すしかないですからね〜。
安くなったとは言え、ほいほいとボディー入替できませんから。

ポーズに拘らなければ長持ちするのでしょうけどね。


No title

こんばんは^^
参考になる事例ありがとうございます。
さすがの腕前ですね。

でもこの「グリグリっと軽く動かしながら中の方を溶かしては」が難しいのですよね~

To Bustyさん

Bustyさん こんばんは(^ ^)

ようやく脇の修理ネタとしてはまともな修理が出来たかなと思いますけど、これだけやっても裂けの1番端っこは多少溶着が甘くなってましたね。
また次の機会に手直ししようかなぁ〜と考えています(^ ^)


肉片詰めて両サイドが上手く溶着出来ても、中が空洞だといずれまた切れ目が増えてくるので、今回は思い切って中の方も一生懸命に溶かしてみました。


No title

修理はなかなかのお手のものですね

自分は修理に励んでいるものの、シリコンが盛ってて・・・

修理のコスパがかなり安く、コーキングガンと業務用のシリコンを有効活用して修理しています。

特にホームセンターで売っているプライベートブランドのシリコンボンドが安く250円で購入でき、コーキングガンも200円で購入して
2つ合わせてワンコインでおつりが出るくらい経費削減しています。

To kudouさん

kudouさん こんばんは(^ ^)

結構色々と失敗もしながら修理の回数を重ねるごとに、それなりの修理が出来る様になっただけですけどね。

本当はもっと綺麗に直してあげたいところですけどね。


シリコンボディーも修理は色々と大変そうですよね。

信越シリコーンもお手軽そうだけど、その性質上平に綺麗にのばしたりするの大変そうですもん。

修理は大変ですよね(^^;;

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白髪ダンディ

Author:白髪ダンディ
WMDOLL163cmにコスプレさせたりして楽しんでいます。

TPEドール沼の底は深く、可能性を秘めたDOLLだと思います(^ ^)
さて、理想の女性像をどこまで創れるか!

TPEドールお迎え検討されている皆様のお力になれれば幸いです!

来場者